« 米国務長官の狙いは何だったのか? | Main | 高齢者にはツイキャス中継も楽じゃないよ。 »

March 28, 2021

反原連のラスト金曜コールに参加してきた。

▼課題は山ほどある。しかし自宅に引きこもっている人は「クリック」一つで家から出て国会まで決して出て来ようとはしない。Twitterとは便利な「疑似意思表示マシン」である。これで世の中変わると思っているのならノー天気で支配者にとっては、主人公を家に閉じ込めておく便利なツールである。そして「最近のマスコミは酷いね」でおわり。マスメディアとは民衆を支配するツールである。さらに言えばツイッターは、あたかもご本人が現場にいるような臨場感を持たせてくれる。ミャンマーの現在を見ても、支配者は路上で抗議する人を狙い撃ちで殺害する。

▼一例が「原発が悪い」と思ったら電力会社の前で抗議の声をあげることだ。もしくはわたしの友人の一人のように、毎日1枚抗議のハガキを書いて電力会社の社長に送りつけている人もいる。Twitterよりも手書きハガキ1枚の方が遥かに効果はある。どうか時間をやり繰りして、ひと月に一度くらいは抗議の場に来て欲しい。

▼金曜日反原連の首相官邸前でラストコールがあったので予定を変更して官邸前まで出かけた。いつものカメラマンや記者のたまり場ど三脚を組み立ててツイキャスの準備をしていたら旧知のA紙B記者にあった。彼とは川内原発抗議に行った時、初めてあった。取材されわたしのコメントは実名で新聞に掲載された。外に出て行動することは、知人を作る最大のチャンスである。しかめっ面してスマホの画面に向かっていても、何の意味もない。B記者には名刺を渡し自分の正体を明かしてある。だから自由に話をできる。開口一番「この10年の抗議が今晩で終ってしまうのは感慨深いものがあります」とはB記者の弁。わたしは権力志向の反原連の方針に全面的に同調はしていない。そのバックボーンになっているのは「終章官邸前で」の映画を作ったあの学者の影響だろう。B記者の原稿はきょうの新聞に長い原稿が掲載されていた。

▼わたしも最初に国会に行ったのは10年前の最後の金曜日だった。ところが当時は地理が分からず、有楽町から地下鉄で霞が関まで言って、国会まで歩いた。当時は国会に来ることがトレンドになっていて、参加者も銀ブラのつもりで来ていた。さらに帰るときは地下鉄入り口で女性警察官が「お気をつけてお帰り下さい」と言っていた。しかし周りは知らない人ばかりで心細かった。いつも記者会館の手前で並んで抗議していた、しかし満員電車のように息苦しかった。そこは半年で止めて国会南門の方に変更してから普通の参加者と話ができるようになった。いろいろありすぎて書ききれないが、小沢一郎が来たこともあった。あの頃が一番良かったと思う。

▼ラスト金曜日は一般参加者は200名くらいだったと思う。予定がいきなり延長されたので、明日の予定もあるので7時半離脱した。

 

 

 

|

« 米国務長官の狙いは何だったのか? | Main | 高齢者にはツイキャス中継も楽じゃないよ。 »