« April 2021 | Main | September 2021 »

May 22, 2021

童謡「雨降り」で思い出すこと。

▼梅雨に入ったようだ。数日前の朝NHKラジオを聴いていたら童謡の「雨降り」を放送していた。♪「蛇の目でお迎えうれしいな」のあれだ。だが小学校時代、この歌には縁がなかった。3つの村の中心地に小学校と中学校がたてられていた。村にある会社と言えば、郵便局と農協くらいだ。あとは村人は農業に従事していた。わたしの家は3つの村の中でも停車場まで一番近くて徒歩で約1kmだった。もうひとつの村は徒歩で2kmはあった。会社勤めをしている人はみんな毎朝晩その道をせっせとあるいていた。自転車なども贅沢品だった。駐輪場もないし,高価な自転車などは盗難にあうとまずいから乗らない。

▼農業中心の村にあって、下校の時間に雨が降っても仕事の手を休めて子どもを迎えに来てくれる親はいない。置き傘というぜいたく品は学校にはない。だから生徒は全員ずぶ濡れになって下校するしかないのだ。そんな下校スタイルが3年か3年続いたと思う。ところがある時教室に生徒全員の番傘が用意され、全員の傘がすのこの大きな箱に入れられたのでわが目を疑った。お金の出どころは分からない。秋になると学校行事で「イナゴ取り」「タニシ掘り」「落穂ひろい」という3つの行事があった。自宅にもコウモリ傘というぜいたく品はなかったので、上記3つの資金が貯まったので小学生に番傘が買い与えられたのだろう。

▼しかし中学校は町村合併で、我が家から4km先の遠くになってしまった。朝晩往復8kmの距離は学校の中で一番遠距離で、苦痛の3年間だった。

|

May 14, 2021

雨の撮影は荷物が重くて辛いよ!

▼雨の撮影は苦労が多い。そこで持参する機材を絞ることにした。ツイキャスはやらない。支柱アームとwifiスマホを外すだけで3kgは減る。声を枯らして「アイテムで応援を」と訴えてもヨコどまり。機材を減らせば3㎏は減るだろう。そしてメインの三脚はリュックにいれた。あとレインスーツに雨除けの防水キャップだ。たしか足取りは軽くなるが、帰宅してから三脚を拭って直射日光を避けて陰干し。そして翌朝は乾布で水滴を全部拭う。着衣もほぼ同じ経緯をたどって乾燥させる。こうして後期高齢者は次のアクションに備える。

▼昨日もアクションが終り、ユーチューブへのアップロードが終ってから、かなり遠方から新幹線代を使ってこのアクションに参加して下さっている女性の存在を知った。ありがたいことである。ユーチューブをアップしてしまうと、その後はアクセス数をチェックするだけだ。だが真剣に訴えればそれだけ耳を傾けてくれる人は増えるはずだ。的外れな運動論や組織論をして「自分の正しさ」だけを訴える時間があったら自分の声で下手でもよいから訴えれば良い。出所に明らかでない「噂話」は書いてはならない。これはジャーナリストを目指すならば初歩の初歩として叩き込まれる。先輩たちから「裏を取れ裏を」と言われてボツになるのがオチ。推理作家を目指すならともかく、自分の推測で満足しているようではまともなジャーナリストにはなれない。

▼「ニセモノは、ホンモノに似れば似るほど本格的なニセモノになる」(本多勝一「新・貧困なる精神」182ページ)月刊「丸」(光人新社、現在はサンケイグループ傘下)という軍記もの専門雑誌がある。わたしはその編集長にある人物を介して話を聞きに行ったことがある。読者の体験記を募集するとワンさと自慢話が送られてくるという。しかし記憶が曖昧で、とても記事に使えないので、記者が「改めて取材をして書くことになる」と言っていた。ま、そうならないよう気を付けよう。

|

May 07, 2021

帰宅すると我が家にサーフェイスがやってきた。

▼きのうは、色々あって疲れた。その1は家族が仕事で使っているPCの具合がおかしくなった。画面を見るとメモリーが壊れているという。それならとPCを担いで隣駅ビルの家電量販店に向かった。しかし持ち込むと「症状」が出ない。ならばUSBメモリーの不具合かと思ってそれを家族に持ってきてもらうが、変化なし。修理コーナーの人はこの特殊なプログラム自体に問題がある可能性が高いということで、プログラムメーカーの電話番号を聞いてきた。その後わたしは経産省前の抗議に出かけてしまった。午後7時半ころ、帰宅すると「いろいろあって」と新品のPCサーフェイスが届いていた。なんでも担当者と話したら、プログラムは「クラウド」にしてくれという事になったのだそうだ。ネットに接続してメーカーのOKがでて初めてサーフィスに入ったプログラムが動く。それもかなり時間が細かく指定されているようだ。そんなわけで狭い我が家には、仕事別に大小さまざまなPCがうごめいている。

▼しかし昨日の参院憲法審査会で「国民投票法」が可決されてしまった。だがわたしの元左翼と思われる友人たちは一人として「抗議の場」には姿を現さなかった。きょうは高齢者医療費が2割引き上げられる法案が可決されそうだが、ご自分のことなのに関心を示さない。もしも現実に「抗議に参加した人」は引き上げナシでそのまま。何もしなかったひとだけ引き上げになれば、みんな必死になるのだろうか?しかし酒を飲むことには執着しているので、単に面倒なのだろう。私だって夜は出歩かないで、家でくつろいでいたい。しかし全員くつろいだら、保守政治家の思うつぼだ。

▼わたしが何故いまも冷や飯を食っているのか、ご存じの方と携帯メールでつながった。4日だったか「声を聴きたくなって」電話したら、ご自分のアドレスを教えて下さり、「書き留めるよう」指示された。その後何度送っても帰って来た。昨日6日夜の電話で調整してようやくつながった。「ne」の二文字が抜けていたのだ。この方はわたしより2歳上だが色々「裏情報」を教えて下さる。昔は4人くらいで、月一度の会議の後浴びるほど飲んでいたが、「コロナ禍」で飲めなくなってしまったと嘆いていた。しかも家では奥さんの目が怖くて飲めないそうだ。きのうはその他2つほど面白いことがあったが、差しさわりげ出るとまずいので書かない。

|

May 04, 2021

ツイートとリツイートだけで終っている人に訴える。

▼仕事がなくて食べることができない人たちが、昨晩四谷のイグナチオ教会に集まった。一方TVを見ると食べ物を粗末に扱っている番組が延々と放送されている。こんなの現実をわすれさせるトリックに他ならない。もう一つツイッターのことだ。わたしがいくら叫んでも「リツイート」だけで終ってしまう人がいる。別の人は年賀状に「ツイッターデモ」に参加していると書いてあtt。権力者はツイッターなど怖くはない。現実に街に出て抗議の声を上げる人が一番怖いはずだ。何年か前ある事件が起きた。すると翌朝わたしのツイッターに明らかに警察関係s者を装う10人くらいの人物からフォローされた。「明らかに」「お前は監視対象者だぞ」という他人を脅す目的でつけられていたからだ。Twitterを運営しているのは電通だから情報は警察が請求すれば、ただちに個人情報は警察に流れる。「自分は匿名だから大丈夫」と思っている人は甘い。

▼アラブの春はフェイスブックで世の中が逆転した、と言われている。ある人物が知人を介して相談があった。「フェイスブックで書いているが世の中は一向に変わらない」というので、ご自宅を訪問して相談に乗った。彼が書いているのは「某政党は政府の政党助成金は一銭ももらっていないから正しい」という事がの連続だけだった。何を書いても勝手だが「共感を呼ぶかどうか」は別物である。幸せな人である。現実にアラブの春は失敗して四分五裂状態になっている。

▼わたしがツイートすると、すかさずリツイートして満足して引っ込んでしまう方がいらっしゃる。リツイートして下さるのはありがたい。しかし人は相手がどういう人なのか、どういう行動をしているのは見てから信頼する。わたしも10年前に国会に行き始めたとき、知人友人はただの一人もいなくて心細い思いをした。あとは信頼できそうな人を探して一緒に行動することだ。雨が降っても厳寒の真冬でも灼熱の真夏でもだ。そうやって新しい友人を増やしていく。信頼してもらえるには、これしかない。

▼もしリツイートだけで終っていたら、現実の行動をすることだ。首相官邸のHPには実名で投稿できるコーナーがあるから、https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html

そこで自分の意見を申し述べる。今は江戸時代ではないから捕まったとしても殺されることはない。自分の意見が正しいと思ったら、わたしは〇〇に反対だと書いて意見をいう。相手にインパクトを与えようと思ったら堂々と意見を開いてにぶつける。わたしの友人に原発反対を唱える人がいる。彼は毎晩一枚のはがきを電力会社の社長に送っている。もういちど言う。首都圏医住んでいる(NHK龍にいうなら「ち・か・さ・と」(千葉、神奈川。埼玉・東京)の人は6日午前9時に国会記者会館前に来て「憲法審査会」の会場に自分の声が聞こえるように大きな声を上げることだ。もし強行採決され改憲、2,3年後に徴兵制度が出来てからでは間に合わない。これない人は参加している人に何らかのカンパを送ることだ。連帯するとはそういう事だ。声をだすのも、実名で抗議するのもイヤでは世の中はますます坂を転げ落ちるように悪い日本になっていく。

|

« April 2021 | Main | September 2021 »