« ◇「モーリタニアン黒塗りの記録」を見る。 | Main | 壊れたプリンターを持ちこんだら最新の機種に交換してくれた。 »

November 06, 2021

たかが軽石、されど軽石。原発に到達したら日本は滅びる。

▼仕事が忙しくメルマガを1日遅れで送信した。昨日夜7時のNHKニュースを見ていたら、故郷懐古園の紅葉と人力車が写っていた。小諸市内は長崎同様、坂が多くて自転車が売れない。人力車はあっても見るところはないと思う。ちょうど1年ほどまえ高校時代の同級会があって、翌日高校時代の先般と会うため同級生のOとともに先輩の時間が空くのを懐古園を散歩しながら待っていたOは東大工学部を出た後、「日本のエネルギー問題を解決するのは原子力しかない」、と信じて原子炉の格納容器の設計に携わっていた。しかし311の後その原子力優先政策とはきっぱり手を切って、九条の会など平和運動に身を投じていた。

▼昔から小諸の名物は2つあったが、今はなくなってしまった。一つは浅間山の噴火でできた軽石を模した「藤村もなか」。もう一つは懐古園の見晴らし台の手前にある島崎藤村の「小諸なる古城のほとり」という有名な詩を形どった軽石を使った小型の石碑である。しかしどこを探してもそんなものは残っていない。藤村も人気が亡くなってしまったのだろう。一昨年キンドルで藤村の「真正」を読んで藤村の人間としての倫理観のなさを知り、腰を抜かすほど驚いた。あらすじは「作家・岸本は、妻の死後、子どもの面倒や身の回りの世話をしてくれる兄の娘であり自身の姪である節子と関係を持ってしまい。本人はパリへ逃亡する長編小説だ。

▼さて今日言いたいのは軽石である。沖縄の先にある海底火山の噴火から出ている大量の軽石が、日本本土にも近づいている。原子力規制委員会でも2週間前に石渡委員が問題化した。それはもし大量の軽石が日本の原発取水口に流れ着いて塞がったらどうなるか?おそらく3時間くらいで原子力発電所は次々爆発を起こす。イコール太平洋沿岸の都市には、人間が住めなくなる。たかが軽石。しかし日本を、滅ぼす軽石でもあるのだ。この軽石を採取してネットで千円から2千円で売っている人がいるらしいが、まず今何いる場所に軽石が到達しないようにするにはどうしたら良いか考えた方が身のためだ。

|

« ◇「モーリタニアン黒塗りの記録」を見る。 | Main | 壊れたプリンターを持ちこんだら最新の機種に交換してくれた。 »