« 3年使った携帯を変えざるを得なかった理由とは。 | Main | 長く住み続けられる住宅を目指し、論議が百出 »

January 28, 2022

ウクライナはロシアの生命線

▼昨日も月末で色々支払いなどあり、複数の銀行を駆け回っていた。今どきは何があるか分からないので、現金は一切持ってあるかない。紙切れだけで済ませる。今朝は月末なので「薬」をもらいにいつものクリニックに行く。担当医は「PCR検査の試薬がないというが、私がCTで見れば肺に影があるかどうか一発でわかる。試薬をのむのではタイムラグがあり、今の状態は把握できない。費用を聞くと注射1本の値段と変わらない。どう?やる?というから、この次お願いしますと答える。予防方法を聞くと人込みに行かない。得体のしれない人と長話しない、の2点だという。試薬が手に入らず心配な人がいたらクリニックをご紹介します。JR亀戸駅から徒歩5分の位置にあります。

▼携帯の使い方が進歩して分からない。しかたなくアマゾンで中古のマニュアル本を頼んだら3日で来た。900円なり。わたしは昼間も映画館に行く(仕事だ)留守電機能がないのは不便である。頼めば毎月300円でつけてもらえる。1年で3600円はもったいないか?

▼友人も昨日のブログは読んでくれて、携帯の状況を確かめるため、わざわざ電話してきてくれた。この人はわたしのブログなど読んでいないと思っていた。さて約束のロシアによるウクライナ侵攻問題である。友人が20年ほど前(ソ連崩壊前だ)にロシアをひと月くらい公演旅行をした。その時最初にウクライナに行った。相手は口を極めてロシアの悪口を言ったという。ロシアは革命前後から、こちらが食料不足で飢えているのに、ウクライナの食料を強奪した。それで多くの餓死者を出した。燃料資源もまた同じで、我々は常に震えていた。だから今後もロシアを決して許せない。ロシアという国はウクライナの犠牲の上に成り立っている国である、と語ったという。

▼TVで見るロシア軍の訓練風景はお笑いである。木造の壊れかかった家を戦車で踏み潰している。こんなの戦車を使うまでもない、大きな木製カケヤか軽自動車で引っ張れば簡単に崩れる。これはウクライナ人に恐怖を植え付ける作戦だ。さらに兵士はAk47小銃を水平撃ちしているが、これは映画用かヤクザのスタイルで現実的ではない。当たらない、安定が悪い。これもTV向けの映像である。唯一凄いのは架橋用の大砲だ。対岸にロープを付けた弾が対岸の固い建築物に向けて撃ち、次に橋を架けるのだ。自衛隊の架橋作戦を見ていると紳士的である。

▼ロシアがあれこれ言うのは、資源を持っているウクライナを手放したくないからである。ロシアはウクライナを失ったら丸裸と変わらない。だからあれこれ手放したくない御託を並べるのだ。

▼今朝埼玉県ふじみ野市で起きた医者を拘束して脅した事件。困ったさんに成田山。我慢して堪えていれば医療過誤の慰労金900万円はもらえたのにね。わたしの田舎の方では常にそういて我慢しているぞ。

|

« 3年使った携帯を変えざるを得なかった理由とは。 | Main | 長く住み続けられる住宅を目指し、論議が百出 »